老健(介護老人保健施設)とは?

老健(介護老人保健施設)とは?

老健(介護老人保健施設)とは?

老健(介護老人保健施設)を利用できる方は? 「老健(介護老人保健施設)」は要介護度1〜5の方がリハビリ治療のためにのみ、3〜6ヶ月間、入所という形で「老健(介護老人保健施設)」を利用できます。中には受入家庭がないために老健(介護老人保健施設)への入所を希望する、あるいは高齢の母親を「寝たきりになる前に入所させたかった」など様々な要望があります。

「老健(介護老人保健施設)」の特徴は? 各種の老人ホームには医療措置が無いのに比して、「老健(介護老人保健施設)」では日常の医療措置、例えば痰の吸引、床ずれ、皮膚炎、胃ろうなどにも対応できることです。

「老健(介護老人保健施設)」の費用と条件は? 通常は相部屋ですので、集団生活の困難な方は入所が難しくなります。また現在治療中の方も不可です。費用は特殊な場合を除き、総額で月7万円〜10万円程度です。

「老健(介護老人保健施設)」について知りたい場合 「特養」と「老健(介護老人保健施設)」が同じ敷地内に設置されている場合も多く、その違いなどを含め、詳細は地域の包括支援センターや役所の福祉課へ問い合わせましょう。申込み方法も教えてくれます。




[老健施設のガイド]
老健(介護老人保健施設)とは?
介護保険のしくみ
介護保険の利用手続き
在宅サービスの種類
施設サービスの種類
老健(介護老人保健施設)の申込みの流れ
老健(介護老人保健施設)の入居後の一日
老健(介護老人保健施設)のデイケア