介護保険のしくみ

介護保険のしくみ

介護保険のしくみ

高齢者が増加する今の日本では家族の介護が老老介護に、また介護する側の社会参加も困難になる。そんな実情に即して、平成12年4月に介護保険制度が出来上がりました。そして、これはもちろん高齢者にはとてもありがたいしくみなのです。

というのも、介護保険制度は市町村が保険者となって運営され、国や都道府県が事務面や財政面で支援します。65歳以上の介護保険加入者を第一号被保険者、40歳以上65歳未満の介護保険加入者を第二号被保険者と呼びますが、要介護・要支援認定を受けることで介護保険のサービスを受けることができるしくみだからです。

ところで、要介護(1〜5)とは生活、健康面すべてに介護が必要な場合、要支援(1〜2)とは常に介護の必要はないが、日常生活を自力で行うのが難しい場合になり、その段階に応じたサービス料の限度額があります。

利用料は、所得に応じて1割から3割負担になりますが、介護保険サービスを希望しても、介護保険被保険者証が無いと、その利用ができません。要支援・要介護認定の申請は早めにされることをお勧めします。




[老健(介護老人保健施設)のガイド]
老健(介護老人保健施設)とは?
介護保険のしくみ
介護保険の利用手続き
在宅サービスの種類
施設サービスの種類
老健(介護老人保健施設)の申込みの流れ
老健(介護老人保健施設)の入居後の一日
老健(介護老人保健施設)のデイケア