介護保険の利用手続き

介護保険の利用手続き

介護保険の利用手続き

介護保険を利用する場合、介護保険証を発行される必要があります。そのための手続きは次の通りですので、ご参考になさってください。

@ 自分の市町村の役所に赴き、介護福祉課等で「要介護認定」の申請書を提出します。
A それに基づき、社会福祉協議会などからの調査員が訪問しますので、心身状況についての調査をお願いします。
B 同時に、主治医に本人の病気、障害に関する意見書(診断書)を作成してもらいます。
C AとBの調査結果と診断書によって、保健、医療、福祉面からの介護の必要度の審査がなされます。
D Cの審査判定が出た後、それに基づいて市町村が要介護・要支援認定が行われます。
E その結果報告が本人に通知され、介護保険認定書が送られます。

ここで初めて、介護サービスが受けられることになるのですが、初めての場合、ケアマネージャーを介護福祉課や地域包括支援センターなどで紹介してもらいましょう。ケアマネにより、ご本人が希望する介護プランを作ってもらいます。




[老健(介護老人保健施設)のガイド]
老健(介護老人保健施設)とは?
介護保険のしくみ
介護保険の利用手続き
在宅サービスの種類
施設サービスの種類
老健(介護老人保健施設)の申込みの流れ
老健(介護老人保健施設)の入居後の一日
老健(介護老人保健施設)のデイケア