在宅サービスの種類

在宅サービスの種類

在宅サービスの種類

・訪問介護 ホームヘルパー(以下ヘルパー)による在宅での介護。生命維持に必要とみなされる介護のみ。

・訪問入浴介護 持ち込みの浴槽にて在宅での入浴介護。ヘルパー、看護士、運転士の3名によるもの。

・訪問看護 看護士が家庭にて、療養上の世話、診療の補助を行う。主治医との連携が必要。

・訪問リハビリテーション 理学療法士、作業療法士などが家庭にて心身機能の維持及び、日常生活の自立へ向けての訓練を行う。

・デイサービス(通所介護) 本人が施設に通い、昼食、入浴などを受けながら、生活を楽しむ。バス送迎、車椅子の利用など便利なサービスになる。

・ショートスティ(短期入所) 特養(特別養護老人ホーム)などに本人が短期間入所し、日常生活に必要な介護を受ける。家族の負担軽減につながる。

・居宅介護支援事業 ケアマネによりケアプラン作成などをしてもらう。


その他のサービス
・在宅の本人に、医者、歯科医、薬剤師などが指導助言をする在宅療養管理指導
・リハビリを受ける通所リハビリ
・有料老人ホームなどにおける、特定施設入居者生活介護
・在宅者のための福祉用具の貸与、販売(指定用品のみ)

以上、これらのサービスにはつねに、介護予防を目的とする支援活動も含まれます。




[老健(介護老人保健施設)のガイド]
老健(介護老人保健施設)とは?
介護保険のしくみ
介護保険の利用手続き
在宅サービスの種類
施設サービスの種類
老健(介護老人保健施設)の申込みの流れ
老健(介護老人保健施設)の入居後の一日
老健(介護老人保健施設)のデイケア