認知症対応

認知症対応

認知症対応
認知症の方に対する取り組みとして、老健では平成18年度から「認知症短期集中リハビリテーション」が導入されています。
入所してからの3ヶ月間、週3回まで認知症に対するリハビリテーションを行うことができるというものです。
リハビリ内容は対象となる方により様々ですが、軽度の方であれば計算問題や作品の制作、中等度の方であれば歌唱や回想法、重度の方でも、リラクゼーションなどを用いて穏やかな気持ちを引き出すことで、周辺症状と言われる徘徊や大声などが落ち着くことが多くあります。

また、老健施設によっては認知症専門フロアを設置している施設もあり、実際に生活のお手伝いをする介護士などへの研修会が活発に行われるようになってきています。
リハビリの時間だけでなく、生活全体で認知症の利用者様をケアしていこうという流れが今後の老健ではますます強くなっていくと思われます。




[老健(介護老人保健施設)の医療&介護サービス]
認知症対応
ショートステイ
訪問介護
通所リハビリ
訪問看護
介護支援
通所介護
訪問リハビリ